美味しいものと、最高のととのいを!

源助のラーメンで締め

Kenichiro Ueta

茨城県小美玉市の食材

先日、小美玉市の食材をつまみにしたり、食材の話をしながらお酒を飲んでいました。

小美玉市は、小川町・美野里町・玉里村の2町1村が合併した市です。それぞれのエリアに食材の特色があり、旧小川町エリアではニラや鶏卵が全国有数の生産地となっています。おかめ納豆もこのエリアにあります。

小美玉ヨーグルトセット
小美玉ヨーグルト

旧美野里町エリアでは、酪農が盛んで生乳生産量が茨城県一位で、小美玉ヨーグルトを作っています。また、全国初のヨーグルトサミットを行った場所でもあり、私も広報担当チームに配属され関わらせていただきました。

玉里のレンコン炒め

旧玉里村エリアでは、全国第2位の広さを誇る霞ヶ浦に面しており、レンコン栽培が盛んです。シャキシャキした歯ごたえがたまらなく、先日、にんにく(土浦市産)とオリーブオイルで炒めてお酒のつまみにしておりました。クレイジーソルトで味付けをしたシンプルな料理でしたが、レンコンの甘みがしっかりあり、お酒が進むつまみになりました。

源助へ

お酒を飲み進めていい感じに酔っぱらってきた状態で、食材の話をしていたら締めをどうするかという話になってきます。(個人的な感想です)

あっさりとした醤油ラーメンを食べたいと思ったときに、何度も足を運んだ源助に行くことにしました。

源助メニュー

これがメニューです。

まずは、焼豚と生ビールを注文し、つまみながら人生について語り合うことにしました。

焼豚

焼豚の下にはキャベツの千切りがあります。しっかりと味が付いた大きめの焼豚が6~7枚あったかと思います。(正確な数字を忘れてしまいました)
焼豚とキャベツの千切りを一緒に食べて生ビールで流し込むと至福を感じることができます。ボリュームがけっこうあるので、複数人数で来店したときに頼むことをお勧めします。
ある程度お酒が進んで締めにはラーメンを注文しました。

ラーメン

あっさりスープに細めのちぢれ麺が、五臓六腑に染み渡ります(笑)

お酒でいい感じに酔っぱらったらこういう流れはアリですよねb
ご馳走さまでした。

写真販売

源助 情報

名称:源助
住所:茨城県土浦市桜町1丁目5−6
電話:0298236532

植田健一郎

Share:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


My Social Media

Most Popular

Get The Latest Updates

Subscribe To Our Weekly Newsletter

No spam, notifications only about new products, updates.

Other Menu

カテゴリー
アーカイブ